マイナンバー 法定調書合計表 償却資産申告書

Pocket

1月31日期限(今年は2月1日(月)期限)で法定調書合計表、償却資産申告書の提出があります。

これらの書類にマイナンバーの記載は必要でしょうか。

書類によって取り扱いが異なります。

 

<法定調書合計表>

平成27年分以前の法定調書合計表には、マイナンバーの記載は不要です。

よって、平成28年2月1日期限で提出する書類にはマイナンバーの記載は不要ということになります。

国税庁に掲載されている法定調書合計表の様式には、マイナンバーの記載欄が設けられていますが、注意書きがあり、『平成27年分以前の合計表を作成する場合には、「個人番号又は法人番号」欄に何も記載しないでください』と記載があります。

また、用紙の右端にも注意書きで同じことが書かれています。

 

<償却資産申告書>

平成28年分の申告書、すなわち平成28年2月1日期限で提出する申告書からマイナンバーの記載が必要です。

法人の場合は、法人番号を記載するだけ良いのですが、個人の場合は、添付書類が必要です。

・本人が申告書を提出する場合

1.番号確認資料(個人番号カード(裏面)、通知カード、住民票(個人番号が記載されたもの)等)

2.身元確認資料(個人番号カード(表面)、運転免許証、プレ印字された申告書、等)

・代理人(税理士等)が申告書を提出する場合

1.本人の番号確認資料(本人の個人番号カード(裏面)、本人の通知カード、本人の住民票(個人番号が記載された    もの)等)

2.代理人の身元確認資料(代理人の個人番号カード(表面)、代理人の運転免許証、代理人の税理士証票、等)

3.代理権確認資料(税務代理権限書、委任状、等)

※なお、どちらの場合も、電子申告をする場合は、電子証明書等により本人確認が実施されるため、本人確認資料は不要です。

上記は、東京都主税局の情報をもとに記載していますが、伊丹市でもマイナンバーの記載は必要でした。

全市町村で必要になっていると思いますが、他の市町村を確認したわけではありませんので、提出の際は、ご確認ください。

 

些細なことでもご相談させて頂きます!

お気軽にお問い合わせください。

「相談無料」=========================

伊丹・西宮・宝塚・尼崎に特化した税理士 藤原久嗣税理士事務所

お問い合わせ http://www.fujiwara-ezei.com/inquiry

公式HP http://www.fujiwara-ezei.com/

===============================

タグ: , , , ,