個人事業も開業は大変?


「地域の頼れる税の専門家」藤原久嗣税理士事務所の藤原です。

本日は、「個人事業として開業の注意点」について、お話したいと思います。

確定申告も終わり、ほっとしている方も多いと思いますが、これから個人事業を始めようとされる方へ、開業にあたっての留意点です。個人事業は法人設立と違って簡単に始められそうですが、個人事業者の場合であっても、税務署へは様々な届出が必要となります。
開業届や青色申告の承認申請、専従者のいる場合には青色事業専従者に関する届出など、片手ではおさまらないほどの書類の提出が必要です。

◆原則的な効力発生は
新規に開業した場合、多くの書類は開業後1~2ヶ月の間に提出すればよいことになっています。
例えば青色申告の承認申請は開業後2ヶ月以内に提出すれば、開業の年から青色申告者として確定申告をすることになります。
つまり開業後2ヶ月以内の間にこれらの書類を提出すれば、開業年度から各規定が適用されることとなります。

 

些細なことでもご相談させて頂きます!

お気軽にお問い合わせください。

「相談無料」=========================

伊丹・西宮・宝塚・尼崎に特化した税理士 藤原久嗣税理士事務所

お問い合わせ http://www.fujiwara-ezei.com/inquiry

公式HP http://www.fujiwara-ezei.com/

===============================

タグ: , , , , , ,