医療費控除 10万円未満でも適用される可能性がある


医療費控除について、多くの方は10万円以上か控除できるんですよね?という話をよく聞きます。

これほぼ合っているのですが、10万円未満でも控除できる場合もあります。

適用には確定申告が必要です。

 

医療費控除の計算式は、

1年間に支払った医療費ー保険金などで補填される金額ー①10万円または②所得200万円未満の場合はその5%=医療費控除額(最高200万円)

となります。

この①の部分が10万円以上と言われる理由です。

しかし、②の要件もあるので、医療費が10万円もないから捨ててしまうというのは少し待ってください、という話です。

所得というのは、収入(いわゆる年収です)から経費(サラリーマンなら給与所得控除)を引いた金額です。

給与収入だけの場合は、年収310万円から所得200万円を切ってきます。

自営業の場合は、経費が多ければ所得200万円を切る場合もあると思います。

 

例えば、所得が100万円の場合は、5万円以上医療費があれば医療費控除を受けることができます。

このように所得によっては、医療費控除を適用できるラインが変わってくるので、一度計算する方が無難です。

 

また、医療費控除でよく忘れがちなのが、交通費です。

電車やバスなどの公共交通機関の交通費は医療費に含まれます。

領収書がないものは、メモを取っておいても大丈夫です。

自家用車のガソリン代やコインパーキングの駐車料は対象となりません。

 

また自分の分だけでなく生計を一にしている家族の分も含まれるので、領収書はすべて残しておく方が良いです。

 

医療費控除の適用があると所得税だけでなく、住民税にも影響しますので、面倒くさがらずに適用することをオススメします。

 

些細なことでもご相談させて頂きます!

お気軽にお問い合わせください。

「相談無料」=========================

伊丹・西宮・宝塚・尼崎に特化した税理士 藤原久嗣税理士事務所

お問い合わせ http://www.fujiwara-ezei.com/inquiry

公式HP http://www.fujiwara-ezei.com/

===============================

タグ: , , , ,